E910281436bb31005a931ff5870df3a9
おもしろそうに 泳いでる

ちがいを楽しむ '2016

2016/10/28 05:30 お酒・おつまみ くらし


去年もこんな風に並べて写真を撮った。

左が 玫瑰香で 左が 赤霞珠(カベルネ・ソーヴィニヨン)

どちらも イイ のだ。

気分次第で 飲み分け。


もちろん色はテイストと切ってもきれないから 玫瑰香は軽やかなお洒落な香りが持ち味。 そもそもこれは食べて文句なしに美味しい葡萄。ジュースと酒の間のような感じで 昼間からOK. 飲み慣れていない人にも喜んでもらえるんじゃないかな。

弱点を言えば いくらでも進んでしまう。


 赤霞珠はやや重厚な面持ち。キリッとした酸味が 葡萄自体の成熟した甘味と 押し問答している。

酸味と甘味と渋みのバランスが取れているという点では フルボディなのだが今はまだ若い。 いまだ ピリピリ微炭酸を感じるから まだこれから変化しそう。でもいいの、 飲み始めちゃう。茎も一緒に入れているから ちょっと複雑なテイストで そこがお気に入りの理由。やっぱりこれが 本丸。いちいち納得しちゃう。添加物無しだから 長く置くつもりはない、お高いワインとは一線を画するけど 私的にはかなり満足のテイスト。翌日に持ち越さないところは 好感度高い。

葡萄の皮と種から抽出した成分がこんなに高貴な 人の心を酔わせる アロマを産むって 古代の人はどうしてわかったんだろう。


ひとかけらのチェダー、美味しいパンが有れば もうそれでいい。


地の実りを存分に楽しむ。感謝の気持ちが湧いてくる。

これって自然なことだよね。


秋の夜は    長いのです。



ちがいを楽しむ '2015

https://tottokoc-omosirosounioyoideru.cookpad-blog.jp/articles/1486



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください